〈疑問〉【「ハゲる?」「薄毛になる?」実は遺伝は関係ない?多くの男性が持つ髪の疑問】メンズカット専門店 銀座 理容室

B-united Ginza

03-6278-7627

〒104-0061 東京都中央区銀座4-10-12 アソルティ銀座2F

営業時間:平日10:00~20:00 土日祝10:00~18:30

ブログ一覧

〈疑問〉【「ハゲる?」「薄毛になる?」実は遺伝は関係ない?多くの男性が持つ髪の疑問】メンズカット専門店 銀座 理容室

ご来店ケース

2019/01/30 〈疑問〉【「ハゲる?」「薄毛になる?」実は遺伝は関係ない?多くの男性が持つ髪の疑問】メンズカット専門店 銀座 理容室

 

 

【メンズカット専門店 銀座 理容室】

 

 

 

 

 

 

 

 

「うちのオヤジがハゲてるから

 

 

おれもそろそろなのかなぁ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホントに多くの男性がもつなやみの

 

ひとつにあがる「ハゲ」「薄毛」の疑問

 

 

 

 

会社や学校などでイジラれたことの

 

あるヒトはよくいると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男性である以上

 

切っては切り離せないこの

 

 

 

「ハゲ」「薄毛」

 

 

 

 

 

 

 

でも

 

はたしてこれはみんながみんな

 

 

「ハゲ」「薄毛」を本当に恐れるべきなのか?

 

 

たしかな疑問かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は多くの男性客、

 

 

オトコの髪をカットし続けて15年のボク、

 

 

理容師目線からみたほんとに

 

 

「ハゲ」「薄毛」が来るのかどうかを語ります。

 

 

 

 

 

参考までにどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①ネガティブなイメー

 

ジにとらわれている?

 

 

 

 

日本人のネガティブなワードの

 

「ハゲ」「薄毛」

 

 

 

 

 

 

なんでこんなに「ハゲ」「薄毛」

 

の悪いイメージが

 

広まっちゃってるのかを考えた時に

 

 

 

思い当たるのが

 

 

 

 

 

 

 

「日本人はハゲが似合わない」

 

 

 

 

からでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかに

 

 

「バーコードハゲ」とか

 

「宇宙人」とかに

 

 

 

例えられてたりするから、学校とかで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので

 

オデコが広いから、

 

てっぺんが少ないからといって

 

 

ヒトをイジル日本人は

 

 

 

 

『どうかしてるぜ!』

 

 

 

 

って感じかな?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもこれが西洋人になれば話は別なわけで、

 

 

 

 

 

たとえば

 

『ブルース・ウィルス』

 

 

『ジュード・ロウ』

 

 

 

を例に出すと

 

 

一気に「ハゲ」「薄毛」の評価は上がるわけだ。

 

 

 

 

img_2511

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにがちがうかって、

 

 

たしかに人種。

 

 

 

 

 

 

 

こう考えると東洋人には

 

 

 

「ハゲ」「薄毛」が似合いニクイのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

でも、例外はある

 

 

『竹中 直人』や『渡辺 謙』は

 

 

 

カッコいい様に映るんですよね。

 

 

 

 

 

 

img_2516

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに

 

『市川 海老蔵』だって

 

 

髪を長くすれば

 

かなり「ひたいの広さ」が

 

 

 

実は目立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

しかしそれを逆手にとって

 

 

『ボウズヘアを活かしている』

 

 

ということになります。

 

 

 

 

flgf3465

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ちょっとそれは

 

芸能人だからでしょ?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って思わないでいただきたいんです。

 

 

 

 

 

 

 

アノ方々は

 

 

「ハゲ」「薄毛」を

 

 

思いっきり活かした自分づくりをしているだけで、

 

 

 

 

 

それをわれわれ

 

 

 

 

一般側も受け入れて自分づくりをすればいいんです。

 

 

 

 

 

 

 

※ちなみに『ひたいが広い』というのは

 

2つのメリットがあります。

 

 

① 他人からは『寛容』にみえる

(せまいと「ケチ」にみえる)

 

② ヘアスタイルの種類が多い

(せまいと「似合わせにくい」)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それをどうしても

 

 

「いや、オレには似合わないから…」

 

 

とやる前からあきらめてしまって

 

 

現状維持を望んでいるに近い

 

 

 

 

ってことも。

 

 

 

 

 

 

『やってみなきゃわからない!』

 

 

いきなりすぎですが、

 

 

でもそのイメージに少しづつでいいので

 

 

 

自分の中で膨らませていくことはできるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも髪を切ってる床屋さんで

 

 

 

『もっと短く切ってみたらどうなる?』

 

 

って質問してみれば分析してくれて、

 

 

なにかしのヒントはくれると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話しのわかる床屋さんなら

 

 

今までと異なったヘアスタイルを提案してくれるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②実は東洋人は西洋人

 

から見れば「ハゲ」が

 

少ない

 

 

 

 

 

 

 

これは

ボクが以前会社に属していた際に

 

講習に招いた医学博士から聞いた話ですが、

 

 

 

 

 

 

 

『ヨーロッパから来たヒトは

 

日本の電車内を見て”日本には

 

ハゲがいない”と言っていま

 

す』

 

 

 

 

 

 

 

 

と、おっしゃっていました。

 

 

 

 

 

 

世界が約190ヵ国とし、

 

薄毛の世界ランクみたいなので

 

第1位はチェコ、2位がドイツらしく、

 

 

 

 

 

 

 

 

日本はそれでいうと180位くらい

 

 

らしいです。

 

 

 

興味深いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも①のときと似てて、

 

 

 

 

 

 

『日本人はハゲをネガティブ

 

にとらえているためにハゲが

 

目立って見えている』

 

 

 

 

 

 

んです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すなわち、

 

 

 

 

『日本人はハゲが極端にマイ

 

ノリティ』

 

 

 

ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

いかにネガティブなワードとして

 

 

「ハゲ」「薄毛」に

 

 

おびえているのかがわかりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③遺伝をするのは「

 

方」ではなく『母方』

 

 

 

 

 

 

 

 

これもその時の医学博士が言っていたことですが

 

 

 

「6割は母方が遺伝の対象」

 

 

 

ということでした。

 

 

 

 

 

 

 

たしかに

 

ボクが現場で髪を切っている中

 

「ハゲ」「薄毛」の会話になり、なんとなく

 

 

 

 

 

 

 

 

『このヒトはハゲないだろうなぁ…』

 

 

 

 

 

 

って思うヒトの頭や髪質を

 

 

ボクなりに経験から分析し、

 

 

家族のことを聞いてみると

 

 

 

 

 

 

 

 

だいたいみなさんこう答えます

 

 

 

 

 

 

 

 

『親父がハゲてるからさぁ、おれもかなぁ…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に母方のほうを尋ねてみると、

 

 

 

 

 

 

 

 

『母方の父はまったくフサフサ…』

 

 

 

 

 

 

 

 

という回答を得られ、

 

 

 

 

 

なので必ずしも父方が遺伝するとはか

 

ぎらないことがうかがえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「思いこみ」が最大の

 

難敵

 

 

 

 

 

 

これからは

 

ネガティブなワードに揺さぶられる

 

ことなく過ごしてもらいたいです。

 

 

 

 

 

 

もし

「ハゲ」「薄毛」が気になるんじゃなく、

 

 

 

 

 

 

 

マジで

「ハゲ」「薄毛」が来たら

 

 

今のヘアスタイルからどう対処できるのか、

 

 

 

 

 

次の可能性に賭けてみてはいかがでしょう?

 

 

 

 

執筆:高橋 ともや

 

 

TOP